最高に楽しい家作りを体験しよう!

2009年06月07日

森林づくり活動安全講習会 2

katsuです。

昨日は朝から福岡県森林林業技術センターが主催する、森林づくり活動安全講習会に参加してきました。中級編です。
初級編はこちら


今回は実際に山に入ります。

場所は北九州市林業振興センター。

敷地内に楠の木のぶつ切りが転がっているような所です。
楠の良い香りが漂ってきます。
この楠、直径45cmくらいでしたが、樹齢は30年ほど。
楠ってこんなに成長が早いんでしたっけ?
これはぜひ持って帰りたかった(車に乗らんけど)。



参加者は平均年齢55歳くらい!
僕なんかペーペーです。


まず、こちらで初級編の復習。いやと言うほど安全についての話。
それくらい、山は危ないということですね。

それが終わると、外で、今日使う「刈払機」(林業用で、草刈機とはちょっと違う)の取り扱い説明。


それから「鉈(なた)」の刃研ぎ。

これは、普段ノミやカンナの刃を研いでいる僕としては楽勝。


午後からついに山に入ります。今日は下刈りです。
近くの保安林まで車で移動。
ぞろぞろと徒歩で奥に入っていきます。



着いた所は見事な桧林。杉もちらほら植わっています。


これらの立ち木の下に生えている、不必要な潅木や草を刈払機や長いカマで刈っていくのです。


当たり前ですが、とてつもない広さ!
もちろん今日1日で刈るわけではありません。
あくまで安全講習なので、体験的です。

と言っても、こっちも張り切ってるから、カマでじゃんじゃん刈っていきましたよ。

ところが、30分ほどすると、もう汗だらだら。

これはきついですね。

お約束のスズメバチも登場して、緊張感たっぷりです。


ちなみに、皆さん、桧と杉の見分け方が分りますか?
どちらも針葉樹で、住宅では柱によく使われるものですが。

幹だけでは分りづらいんですが、葉っぱに大きな違いがあります。


杉は針のようにツンツンしてますが、桧は平べったく、うろこみたいに繋がっています。
また、桧の葉の裏には白く「Y」の模様が見えます。


楽しいですねえ(笑)。


皆がお疲れモードになったところで下山。
ぐったりしましたが、本当に楽しい1日でした。


8月ごろに上級編の「間伐」を計画中だそうです。
絶対に行きたいですねえ。
定員が少ないので心配ですが。


同じカテゴリー(★社長-katsu(平林))の記事画像
工務店社長の工作
社長の工作1
未完成の家
ラ・マルターニャ
初対面と申込金と私
K住宅様、N様邸 気密測定
同じカテゴリー(★社長-katsu(平林))の記事
 工務店社長の工作 (2016-12-26 09:29)
 社長の工作1 (2016-08-18 09:26)
 未完成の家 (2015-09-14 09:28)
 ラ・マルターニャ (2014-10-09 18:02)
 初対面と申込金と私 (2014-05-27 16:20)
 K住宅様、N様邸 気密測定 (2014-05-01 16:58)

この記事へのコメント
お疲れ様です。桧と杉の違いが、よ~く分かりました。  !(^^)!
Posted by アランカアランカ at 2009年06月07日 14:01
アランカさん
コメントありがとうございます。
杉と桧の原木を見比べることなんて、日常生活にはないことなんですけどね。
何かの折りに山に入って、「あれが杉だ、あれが桧だ」と言えるのはちょっとかっこいいかも(笑)。
Posted by katsu at 2009年06月08日 08:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。