最高に楽しい家作りを体験しよう!

2009年12月20日

快適であたたかい家づくりのコツ4

今回はとりあえずこのシリーズの最終回です。

テーマは

暖房機器の特性
いくら 「 高気密 ・高断熱 」 の家とは言え
これだけ寒い季節には、やっぱり暖房は必要です。
そこで、たくさんの暖房機器の中から、身近なものを選んでご紹介します。
健康で快適な暖かさをお求めになるなら・・・。

開放型(燃焼系)暖房
気をつけたいのが、開放型(燃焼系)の石油・ガスストーブやファンヒーター等。
これらの暖房機器は、燃焼ガスばかりか、大量の水蒸気をも排出し、
結露を発生させる原因ともなります。
吸着性や調湿性があるからと、自然素材を多く使った家であっても、
それだけで解消できるものではありません。
健康なすまいをお考えであれば、まずおすすめは出来ません。

密閉型(燃焼系)暖房
例えば、FF(強制給排気)式と呼ばれるファンヒーター。
専用の吸気口より空気を取り入れ、温熱のみを室内に送り出し、
燃焼後の排気を専用の排気口より屋外に排出しますので
クリーンな燃焼系暖房です。
給排気用の配管工事が必要となりますが、
熱量が大きく大空間の暖房には効果的です。

床暖房
床から放射される輻射熱と床面から伝わる伝導熱で、
床から天井までほぼ均一に暖められます。
ただし、家全体の暖房を考えるのであれば、居室以外の床にも
敷設する必要があり、設備費、光熱費ともにコストアップとなります。
また、床の上にカーペットや布団など敷物を置くと熱ごもりを起こしたり、
長時間の接触による不快感や、低温やけどの可能性も否めません。
特に、赤ちゃんやお年寄りの方は注意が必要です。
また、専用のフローリングで対応しないと、床材が反ったりひび割れたり、
揮発性物質の発散を促したりする場合もあります。

エアコン 
最も一般的な暖房です。
暖かい風を送りだして空気を暖めるため、埃が舞いやすく、
エアコン内に発生したカビをふき出すこともあります。
また、過乾燥になったり、暖かい空気が天井にたまり、
足元が寒いという現象が起きやすいのも欠点です。

輻射熱暖房
暖房機からの輻射熱で、天井や床面、壁面そのものの温度が上がり、
家全体が蓄熱体となり、またそこからの輻射熱で、
室温を高くしなくてもやわらかいあたたかさにつつまれた空間となります。
エアコンなどと違い風を出さない ( 自然対流のみ ) ので、
アレルギーの原因となるハウスダストを舞い上げたり、
空気を乾燥させ過ぎることもありません。
深夜電力を利用する蓄熱式のものは電気代も抑えられますし、
何より身体にやさしい暖房方法です。
シーズン中は安定した温度が保てますが、初期稼動時の立ちあがりが遅く、
急速な暖房には補助が必要な場合があります。
また、熱量はそう大きくないので、高気密 ・高断熱が不可欠となります。

  『 思いで家 』 のモデルハウスでは、この時季、蓄熱暖房機による
  やわらかいあたたかさを体感する事が出来ます。


いかがでしたか?

「 快適であたたかい家づくりのコツ 」

少しは参考になりましたでしょうか。

今回は 「 あたたかい 」 がテーマでしたが、
これまでの内容は、もちろん 「 涼しい家づくり 」 にも繋がるのです。
それはまた、次の機会に・・・。


nomuでした。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。