最高に楽しい家作りを体験しよう!

2009年11月12日

DIYコーナー スタンドライト?

katsuです。

今度漉く和紙でランプシェードを作ろうと思っているのですが、じゃあランプも作ってしまえということで、スタンドライトを作ってみました。
材料は米松と5.5mmベニヤ、もちろん端材です。
まだ、電球を付ける穴とかは加工していません。
和室に置くイメージで、試作品です。

こんな感じです。


うーん、技術的にはそれなりだけど、何か江戸時代の行灯ちっくだなあ。
試作品なので、形はまた考えますが。。。


今回のはいわゆる「四方転び」と呼ばれるもので、4本の脚が中央に傾いている物です。
まあ四角錐(台)といった方が分かりやすいかもしれません。

「転び」については過去の踏み台正三角錐で、その難しさはお伝えしましたが、今回は更に別の要素が加わります。

それは「くせ」です。

通常、立体は斜めに切ると断面の形が延びていきます。
垂直断面が正方形ならひし形に、長方形なら平行四辺形に、丸なら楕円に。
脚を転ばせる場合、水平面がこの形になります。

別にひし形でも普通は困らないのですが、今回は外周に和紙を張るのでちょっと困った事になります。
どういうことかというと、断面が正方形の脚を転ばせていくと、脚の紙を張る面が内側に倒れてきて、2本の脚の面の間に紙を真っ直ぐに張ることが出来なくなります。
口で言うのは難しいのですが、ぜひ何か立体で試してみてください。

真っ直ぐ紙が張れないのは致命的ですので、何とかしなければなりません。

それが「くせ取り」です。

つまり、傾けた断面がひし形になるのなら、最初から部材の断面をひし形にしておいて、転ばした時に断面が正方形になるようにすれば良いのです。

以上の理由から、今回の脚の断面はひし形に加工しています。


こうしておくと、水平断面は正方形になります。


これで、真っ直ぐ紙を張ることが出来ますね。


どの位のひし形にするかは計算しなくてはいけません。
難しいといえば難しいのですが、これは大工さんたちにとっては基本中の基本なんですよ。
まあ、大工さんのようには行かないかもしれませんが、こういう物つくりを通して、立体の性格を理解していただければと思います。
それが、DIYの幅を広げることにも繋がると思います。

さあ、いつ和紙を漉くかなあ。


同じカテゴリー(  DIYコーナー)の記事画像
夏休みの工作は「子らぼ」で
DIY!天井物干し
ボランティアDIY 第2弾
衝撃!の水道料金
お母さんの机
シューズラック
同じカテゴリー(  DIYコーナー)の記事
 夏休みの工作は「子らぼ」で (2015-08-03 16:43)
 DIY!天井物干し (2012-03-30 08:30)
 ボランティアDIY 第2弾 (2012-01-09 14:59)
 衝撃!の水道料金 (2011-12-08 10:25)
 お母さんの机 (2011-09-04 18:48)
 シューズラック (2010-11-18 17:20)

この記事へのコメント
へー そうなんだ
と思う内容ですね。なかなかDIYで斜めにしたりすることは、難しいので私はありませんが、さらに凝ったデザインを考えていく上で参考になりました。職人さんにとっては基本中の基本ということで、流石だなと関心するばかりです。
Posted by takuma at 2009年11月21日 02:00
takumaさん
立体って奥が深いですよね。
たまらない魅力があります。
あーだこーだと考えて、それが実物になった時は感動です。
こんな私だから建築士をやっているのかもしれませんね(笑)。
takumaさんもDIYお好きみたいですから、ぜひ何か作られたら見せてください。
Posted by katsukatsu at 2009年11月23日 09:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。