最高に楽しい家作りを体験しよう!

2009年06月28日

上海マンション倒壊

katsuです。


中国の上海で高層マンションが倒壊したとのニュースがあった。
 →こちら


倒壊と言うので、荷重に耐え切らず下層階が崩れたのかと思いきや、写真を見てびっくり。

根元からぽっきり折れてる。。。



これじゃあ、折れるやろ。

建物の形状が薄いマッチ箱のよう。

地耐力不足ならあっという間に転倒してしまう。



ところで、建物の強度計算には、地震力と風圧力を考えなくてはならない。


地震については、日本は地震大国ゆえ一般の方も気にされるだろう。

しかし、侮ってはならないのは風圧

台風のときにTVのレポーターの傘があっという間に裏返しになるのを見たら分るように、風は面積の大きいもの、風を受け止めるような容器状のものに対しては想像以上の力を加える。

建物も同じで、平ぺったい建物には大きな力が掛かる。

だから、風圧に耐えられるようにL型や正方形に近い長方形で建物をつくるわけである。

要は、風向きに平行な壁がつっかい棒の役割をするのである。


今回のマンションは奥行きのない薄い形状なので、真っ向から風を受ければひとたまりもないだろう。

もちろん、構造計算をして、風圧に耐えられる基礎、柱、梁であれば問題はないのだが。。。



写真を見ると、基礎杭も短いし、細いし、地盤もやわらかそうなので、とても持ちこたえ切れそうにない。

建物が倒れそうになるときは、基礎が抜ける方向の「引き抜き力」が働く。

今回の基礎杭は、とても抵抗できるような杭じゃない。

今回は風圧が原因ではないかもしれないが、一因かも知れない。


通常、木造2階建ての場合は、めったにこんな薄い建物を造ることはないが、たまにある場合は、つっかい棒の役割をする「筋違い」が基準に足りるように設計するのは大変である。


日本の建築基準法は地震だけではなく、風に対しても厳しく定めてある。

日本では根元からポッキリなんてことはさすがに考えられない。

日本の建物は本当に頑丈に出来てるんですよ。


同じカテゴリー(★社長-katsu(平林))の記事画像
工務店社長の工作
社長の工作1
未完成の家
ラ・マルターニャ
初対面と申込金と私
K住宅様、N様邸 気密測定
同じカテゴリー(★社長-katsu(平林))の記事
 工務店社長の工作 (2016-12-26 09:29)
 社長の工作1 (2016-08-18 09:26)
 未完成の家 (2015-09-14 09:28)
 ラ・マルターニャ (2014-10-09 18:02)
 初対面と申込金と私 (2014-05-27 16:20)
 K住宅様、N様邸 気密測定 (2014-05-01 16:58)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。