最高に楽しい家作りを体験しよう!

2009年06月18日

nomu邸 現場日記 16

久しぶりの nomu邸現場日記 です。

工事が進み出してからは、
現場のことは キャプテン に任せきり。

勿論、日頃から工事に携わってある業者さん方にも
安心してお任せしているので、
これまでは仕事が休みの水曜日に現場に行く程度。

そして順調に基礎工事も終わり、
いよいよ今週末の土曜日は上棟とあいなりました。

たまたま就職活動中で時間の取れる私の奥さんが
私の母親と事前に打ち合わせをしていてくれて、
昨日の水曜は私も上棟前の最後の休みということで、
上棟にむけての準備におおわらわ。

メモを一つ一つ潰しながら、朝から買出しにまわり、
お昼のお弁当は何にしよう、あそこはダメ、これはどう?
応援の大工さん達へのお土産(お礼)はどうしよう?
休憩時は何を出そうか? などなどなど。

今回は、せっかくの機会だし、娘とその友達にも体験させてやろうと
餅まきも行う予定。
( 最近は、お餅と一緒に、小袋のお菓子なんかもまいたりするんです。 )
ここでもどれくらいのお米がいるのか?
ご近所に配るお餅はどうする???

いろいろ考えることばかり。

五色の吹流しや丸扇を結んで掲げる竹はどうする?

これは、思いで家ファミリーOBの T様 宅の竹をいただくことになりました。
( T様、有難うございます。 )


それにしても、
私はこれまでに何度も施主様の上棟に立ち合わせていただいて
手順も要領もわかっているので準備もすぐに手配できたけど、
やっぱりそれでも大変。

それが、初めて、
ましてや一生に一回あるかないかの棟上を迎えられる施主様は
ものすごく不安だし悩まれるんだろうなあ。

私たちは慣れることなく、
上棟を迎えられる施主様への
親身になった細かいご説明とお手伝いを怠ったらいけないな。

と、今回、あらためて、つくづく思いました。


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。