最高に楽しい家作りを体験しよう!

2009年02月09日

父の威厳

nomuです


ある日の朝。

トイレで所用を済ませている最中、
JCの娘 が悲哀に満ちた声でドアの向こうから

「 お父さん、開けてぇ~。 」 と言う。

私 「 ぇえ~~。 まだ出よる途中やけど。 我慢できんとお? 」
娘 「 ジャムのふたぁ~。 」
私 「 ・・・。 」

どうやら買ったばかりのイチゴジャムのびんの蓋が開かないらしい。

「 まったく、ゆっくりトイレにも座ってれやしない! 」( 心の声 )

ちょっと ムッ ときながらも、
用もそこそこに名残り惜しみつつ食卓へ。

私 「 だあ、かしてんね。 」 「 ふんっ。 」
娘 「 ね? 開かんやろ! 」

確かに少し固い。 しかも手を洗ってまだ少し濡れているのですべる。

私 「 だあ。ちょっと待たんね! 」

適度に湿り気を残しつつ水を拭い取り、
今度は渾身の力を込めて

私 「 ふんっ!!!! 」
蓋 『 ぱこっ。 』

開くと同時に JCの娘 と 私の奥さん が声を揃えて、

「 さすがぁ、お父さん。 」


「 まあね。 」 と、思わずニンマリ。

とても気分の良い朝でした。



この記事へのコメント
気分いいですよね!
Posted by しゅうわ at 2009年02月10日 00:23
だあ。
ぐり握力19!( ̄^ ̄)/
Posted by ぐりぐり at 2009年02月10日 09:58
しゅうわさん
ありがとうございます。
わかっていただけますよね!


ぐりさん
それじゃあジャムは食べれませんよ!
( 注 :但し、カップ入りを除く。 )
Posted by nomu at 2009年02月12日 09:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。