最高に楽しい家作りを体験しよう!

2008年10月13日

許容範囲

nomuです


モデルハウスリフォーム

この時何も手を付けてなかったバルコニーの床。
さすがに10数年も経過して、表面に多少の劣化が見られ始めていました。

先日、「 そろそろメンテナンスをしようか。」と話を切り出しましたら、
「 ただのメンテナンスじゃつまらない。 」ということで、
またまた会長がチョチョイのチョイと作ってくれました。
( 実際は大変だったと思いますけど。 )

本社の作業場で作って来た、3枚のパネルを
キャプテンと2人でバルコニーからロープで吊り上げ
床に敷き込んで行きました。

多少手を加えた所があったものの、
エアコンの室外機や水抜きドレンのカット部まで計算通り。

ただ1枚の片端だけが多少浮いてて、隣との段差が3mmあるかないか。
私にとっては、充分な許容範囲だと思っていたんですが、
でも、会長にとってはそれが許せない。

早速修正を施して



完了
ン~。 お見事!


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。