最高に楽しい家作りを体験しよう!

2008年08月01日

食生活変えてみる?

katsuです。

今日手元にシックハウス診断士協会の会報が届きました。

内容は食育ということで湯川和子氏の寄稿です。


戦後大きく変化したのは「米の消費量」であり、エネルギー供給量は米が半減し、代わりに畜産物や油脂類の消費が増加しているということです。


これは自分の食生活を見ても分かります。朝はトーストですし、昼・夜は肉を食べることも多いですから。


ちなみに理想的なのは、たんぱく質60-65%、脂質20-25%、炭水化物15%だそうで、これは

1970年代の食生活

だそうです。

米を主食に魚類、大豆、野菜類の副食を中心にとり、油脂類や果実類、鶏肉を中心とした肉や鶏卵でバランスをとっていた時代です。


氏はこの食生活にすれば、メタボリックだけでなく、アレルギー症候群、シックハウス症候群、化学物質過敏症などの減少も示唆されるとしています。

まあ、アレルギー症候群以下、直結はしないでしょうが、体質改善という意味では効果的だと思います。対処療法以前に食の改善で健康な体を作るということですね。


というわけで

お米をもっと食べましょう!
(短絡的かな)


最近小麦製品も値上がりしてますしね。



そう言いながら、ビールとスナック菓子が手放せないkatsuでした。




出典
シックハウス診断士協会 シックハウス診断士PRESS 2008 No.4

湯川和子氏
国家公務員共済組合連合会呉共済病院栄養指導科長


同じカテゴリー(★社長-katsu(平林))の記事画像
工務店社長の工作
社長の工作1
未完成の家
ラ・マルターニャ
初対面と申込金と私
K住宅様、N様邸 気密測定
同じカテゴリー(★社長-katsu(平林))の記事
 工務店社長の工作 (2016-12-26 09:29)
 社長の工作1 (2016-08-18 09:26)
 未完成の家 (2015-09-14 09:28)
 ラ・マルターニャ (2014-10-09 18:02)
 初対面と申込金と私 (2014-05-27 16:20)
 K住宅様、N様邸 気密測定 (2014-05-01 16:58)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。