最高に楽しい家作りを体験しよう!

2008年07月21日

ハウスメーカーと工務店の違い3

katsuです。

さて、現場監督も必要です。

ここで大事なのは、実際に現場監督している人が建築士の資格を持っていない場合があるということです。

信じられないでしょ?


木造の住宅の場合は通常、最低でも木造建築士か2級建築士を持っていないと工事監理はできません。


確認申請書上は別の社内の建築士名になっているかもしれませんが、実際に監理するのは現場監督なので、その監督に監理の資格が無い場合、その現場は大丈夫ですかね。


もう少し言うと、2級建築士といえども安心はできません。2級建築士の資格を取るだけ凄いのですが、問題は取ってからです。

知識と経験を積み重ねて努力していれば大丈夫でしょうが、実際、物を知らないペーパー2級建築士はいます。


じゃあ1級なら大丈夫なのかと言われると、そうとも言えないのがつらい所ですが。。。

とにかく資格の有無だけでも確認した方がいいと思います。
(それとも聞かない方が幸せなのか)




話が飛んじゃいましたが、

あと必要なのが経理

事務員さんが一緒にしたり、社長の奥さんがしていたりするんじゃないですかね。


ただ、建設業の経理はちょっと特殊なので、ちょっと簿記をかじっている位では難しいでしょう。建設業経理士という専門の資格があるくらいですから。


当社は専任の社員がいます(税務署に色々と勘ぐられたくないので)。

が、最近、彼女は次項のメンテナンスを手伝ってくれたりもします。
なんせ、当社は少数精鋭(社員が少ないだけ?)ですので。


少数精鋭って個人の能力が高いのが前提なんですよね。


次に進む


同じカテゴリー(ハウスメーカーと工務店の違い)の記事
 ハウスメーカーと工務店の違い5 (2008-07-23 10:07)
 ハウスメーカーと工務店の違い4 (2008-07-22 08:41)
 ハウスメーカーと工務店の違い2 (2008-07-20 17:41)
 ハウスメーカーと工務店の違い1 (2008-07-20 16:39)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。