最高に楽しい家作りを体験しよう!

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年06月13日

ボランティア 4

katsuです。

作業療法士のTさんと一緒に作っていた、ある利用者さん専用のテーブル。

やっと完成しました。


テーブルの上に、皿を置く台と肘から先を置く三角の台を載せます。
Tさんは一生懸命に箱を磨きます。


「磨きの深さは愛情の深さ」
 by katsu(笑)


テーブルと箱とはマジックテープで着脱可能です。


思わず完成の記念写真を撮っちゃいました。


できたテーブルはこんな感じ。


車椅子で尚且つ上半身も不自由な利用者さんの為のオンリーワンのテーブルです。
近々プレゼントしに行きますが、喜んでもらえたらうれしいです。

2人のいいおっちゃんが頑張りました(笑)。


ボランティア5へ
  

Posted by katsu at 13:56Comments(5)  DIYコーナー

2010年06月22日

ボランティア 5

katsuです。


先日、完成したテーブルを利用者さんのところへ持って行きました。
その時は入院してあったので、病室へ。

使い勝手を見て頂きましたが、病院の車椅子が自宅で使うのより座面が低かったせいか、ちょっとテーブルが高い感じになっちゃいました。
車椅子も様々なんですね。


今は退院され、ご自宅で使われているそうです。
作業療法士のTさんが訪問看護されているので、その状況が分かったらまた報告します。


その後の学会発表へ


  

Posted by katsu at 17:53Comments(0)  DIYコーナー

2010年08月05日

夏に重宝!クーラーボックス

katsuです。


先日の木工イベントで飲み物を販売したのですが、

その時使用したクーラーBOXがこちら。


当社が住宅に使用している断熱材(ポリスチレン)の端材で作りました。

ポリスチレンは発泡スチロールのような物なので保温性・保冷性に優れ、

今回はジュースを冷やしておくのにはぴったりでした。


日常でも、お買い物の時に冷凍食品をちょっと入れておくのには便利だと思います。


内部の接合部はコーキング処理していて防水もバッチリです。


黒いのは気密テープ(住宅に使用している)で気密もバッチリです(笑)。


さあ、欲しい方は当社のイベントか週末のDIYコーナーへ!


ちなみに今回のクーラーボックスはキャプテンが製作したものです。

フタ付きでおしゃれ!(笑)
  

Posted by katsu at 10:12Comments(2)  DIYコーナー

2010年08月13日

何が出来ているでしょうか!

こんにちは!いわみです!

今日からお盆休みに入っている方が多いのではないでしょうか^^?

 思いで家は休まず元気に営業しています!
  \(^▽^)/


さてさてkatsuとnomuはというと・・・
作業場で何かつくっています。


なんでしょね^^ 

こーんなのができていますよ。


完成写真は後日UP!
お楽しみに♪  

Posted by いわみ at 18:04Comments(0)  DIYコーナー

2010年11月06日

これは何でしょう?

katsuです。

横910mm*縦750mmです。


ちょっと頼まれごとで作っています。
額縁を「留め」で組んでみました。

正解は明日!

  

Posted by katsu at 17:41Comments(1)  DIYコーナー

2010年11月07日

これは何でしょう? 正解は

katsuです。


昨日作っていたもの。

それは。

名札掛け?


うちの子供達が習っている剣道の道場が
今年創立〇〇周年を迎えるらしく、
古くなった名札掛けを新調したいという事だった。

という事でうちのカミさんから「作って」と。
もちろん無償。

快諾した(笑)私は早速作ることに。

正直難しくはないです。

額縁組んだり、名札の板を全部手カンナ掛けたりしたくらいで。

でも名札110枚。
昔、短冊状の板を組み合わせて模様になった床を知りません?
その短冊なんです。

材種は分かりませんが、広葉樹の堅木。
そりゃあ、良い木ですよ。

木が堅くカンナの刃がすぐ切れなくなるので、20枚くらい毎に
カンナの刃を研ぎます。

こんな感じで夕方までにフックをつけきれなかったので、
家に持ち帰ることに。

子供達にも参加させ(自分達が使うものですから)、
無事完成しました。



まあ、仕事ではありませんが、
こんな貢献も良いでしょう。


  

Posted by katsu at 09:33Comments(0)  DIYコーナー

2010年11月13日

木工教室開催中!

今日と明日、木工教室をしています。

福岡県が11月を「ふくおかみんなで家族月間キャンペーン」として、「子育て応援企業」に登録している企業が色んなイベントを開催するのです。


そんな訳で、うちは木工教室。


が、事前の告知を一切していないので、人出はさっぱり(笑)。


というわけで、自分達で色々作っています。

しばらく作る暇も無かったので、ワクワクです。


キャプテンとなつは、何でもなつの子供の為にテーブル?を作っているようです。


引き出し用のレールまで買ってきて、何か本格的です。


僕はというと、ちょっと試してみたかったことがありまして、

先日の名札で使った床材の広葉樹の短冊。

これを交互に組み合わせて三角形ができないかなと。

こういう事です。



結果的にはできちゃいましたが、3枚を互い違いに組み合わせるのは

普通の考えでは無理ですよね。

最後の1枚が入らない。



これをどうやったら上のように組み合わせられるか。

皆さん、考えてみてください。


いつも実用性のない、幾何学的なものを作るのが好きなkatsuでした。
(でもこれは鍋敷きに使えそうだな(笑))。



  

Posted by katsu at 15:48Comments(0)  DIYコーナー

2010年11月18日

シューズラック

いわみです。

なつとキャプテンが机製作している横で私もDIYしていました。
ときどきキャプテンを借りて。
まぁ、キャプテンがほとんどしてくれたような^^;

作ったのは子供用シューズラック
なつの作る机とは違い簡易的なもの。

ちなみに前は100円ショップのラックを重ねていただけでした。
これでも娘には好評?で、毎回きちんと靴を置いていました。
でも下の子も靴を履くようになり、さすがにこのスペースでは足りず・・・
しかも子連れでここを通るとき、「我、先に」状態でいくので、このラック、動くし靴が落ちるしで(汗)

写真にはうまく収まっていますが、これ以外に、(撮影時)保育園に履いていっている靴、ブーツ(夏にはサンダル)、長靴など別の場所に置いている物もあります。
置く場所がないと娘も片付けませんね。

そこで作ったシューズラックを設置!

いい感じです。
冬の間は下二段の棚板を外して、私のブーツを置くスペースです。

玄関枠と既存靴箱のスキマに余裕無くきっちり納まっているので、ぶつかっても倒れません!片方だけ引いても倒れません!!
(両サイドの縦の板を、同時に真っ直ぐ手前に引けば動きますが、そんなことわざわざしないので大丈夫です)

ただ、幅14cmの床材に合わせて作ったので上の子の靴はかかとが少し出ます。
また、限られたスペースいっぱいに作りましたが、下の子の靴でさえ3足横に並びませんでした。残念

これを見た娘が「わぁこれパパが作ったと?」と感動?してくれました。
「ううん、ママ」
「ママね~☆」
私「まぁ、ほとんどキャプテンがつくったんだけどね~」とおもいつつ「そうよ~~~」と得意気でした(笑)

はぁ、これで「どうにかしたい!」と思っていた狭い玄関(70cm四方くらい)がなんとかすっきりしました!

ジャストサイズにできるDIYって最高(^^)  

Posted by いわみ at 17:20Comments(0)  DIYコーナー

2011年09月04日

お母さんの机

katsuです。

7月の終わりにOBのT様から、サンシェードを掃きだし窓の上に取り付けたい、とのご依頼があり、下見にお伺いした時のこと。

お母さん(大奥様)から、

「書き物ができる小さな机をこしらえてくれませんか?お金掛けられないから簡単で良いですよ。」

との依頼がありました。


僕は喜んで引き受けました。

ただ、プロならそうだと思うのですが、

「簡単に」とか「適当に(悪い意味で)」という感覚は持ち合わせていません(笑)。

自家用ならともかく、他人にお渡しするのにいい加減なものは出せません。


今回も「簡単に」と釘を刺されたにもかかわらず、僕の中では部材の接合は「ホゾ組み」で行きたいと思っていました。

ビスでガンガン留めて良いのなら、ほんとに簡単です。

でもそれじゃあビスが見えて興醒めです。

物作りの世界ではビスや釘が見えるのは野暮なんです。

住宅の和室はその極みです。

あれだけのものを釘1本見せずに仕上げていますよね。

大工さんの美意識です。


今までホゾ組みで椅子や机は作ったことがなかったので、今回勉強したいと思ったんです。

(ホゾ組みというのは相手の部材に穴を掘って、そこに挿し込むことで接合するやり方です。)

それで部材はこんな感じになりました。



4本脚にホゾ穴(四角い穴)を切り、それに横木を差し込むんです。

トリマーという道具があれば穴掘りも簡単なのですが、あいにく持ってません。

なのでノミで必死に掘りました(笑)。


こんな感じに完成!


W700*H700*D350です。


それで今日納品してきました。
(8月が死ぬほど忙しくて、遅くなってしまいました。。。)

実は僕の中では、この机の出来は満足できるものではありませんでした。

やはり道具がないと仕上がりに限界があります。

杉を使った脚に手ノミのホゾ穴は精度に限界があるんです。

ただ、今回ホゾ組みの勉強ができたという充実感はありました。

なのでこの机はお母さんにプレゼントしようと。

お金をもらえるような代物ではない。。。



お母さんにその旨を伝えると、

「それはダメ。こんな立派なものを。」

こちらも負けじと、

「僕がお母さんの為に作ったものだからプレゼントさせて下さい」

と言うと、お母さんは最初大工さんが作ったのかと思われていたらしく、僕が作ったということにひどく恐縮されて更にただでもらう訳にはいかない、ということに。

結局根負けして過分なお代を頂いてしまいました。

こんなおつもりではなかったでしょうに、本当に申し訳ないことをしました。


机そのものよりも僕の思いを買ってくださったんだと思います。

本当にありがとうございました。
  

Posted by katsu at 18:48Comments(0)  DIYコーナー

2011年12月08日

衝撃!の水道料金

katsuです。

一昨日家に帰ったら、水道料金のお知らせが。

何と3万2000円!

2ヶ月分で下水道料金込みなのだが、前回の倍、前年同月比でも倍である。

一緒にこういう紙が入っていた。


水が漏れてる!



ピンときた。

数週間前にトイレの水面が普段から揺れているのに気づいていた。

その時は水漏れかと思い、タンクを開けて見てみたがよく分からなかったのでそのままにしておいた。

今回、確信を持ってタンクを開けてみる。


自宅は築12年。

今のトイレとはかなり違うだろうが、基本的な仕組みは同じだと思う。

1.レバーを引くと栓が上がり、水が流れる。

2.水位が下がるとフロートが下がり給水が始まる。

3.水が溜まっていくとフロートが上がって行き、一定の水位になると給水が止まる。

給水が止まらない場合にタンクから水が溢れないように、一定の水位以上の水はオーバーフロー管から便器内に流れるようになっている。


発見した。

オーバーフロー管の根元がぐらついており、触っている内に折れた。

ここから水が少しずつ漏れていたのだ。

見事に折れている。




さてここから補修である。

オーバーフロー管の根元をバーナーで炙り、細くする。


それを元の穴に差し込み、コーキングで接着、防水する。



以上である(笑)。


この管はオーバーフロー管としての役目と、栓のスライド軸としての機能を果たせばよいので、これで良いのである。


オーバーフロー管が短くなった(=規定の水位が下がった)のでフロートの位置調整等はあるが、トイレ機能としては問題ない。



これでしばらくは行けるだろう。



約10年で部品破損。

このタイミングに、メーカーは10年ごとの買い替え需要を想定して造っているのではないかと勘ぐってしまう。

まあ、もちろんそうなのだろうが(笑)。


今回の補修はあくまで「応急処置」で、全て「自己責任」でやってます。

おうちの中で「何かおかしい」と思われたら、速やかに業者さんに連絡して下さい!

メンテナンスは必ず必要ですが、早期発見がコストを最小限に押さえるコツですよ。

僕みたいにほったらかしにしないように(笑)。


  

Posted by katsu at 10:25Comments(2)  DIYコーナー

2012年01月09日

ボランティアDIY 第2弾

katsuです。

以前、作業療法士のTさんと取り組んだ、利用者さんの為のテーブル製作

1年半の沈黙を破り、ここに第2弾!


今度は踏み台。

テーブルに比べると簡単だけど、利用者さんの為の「オーダーメイド」です。

サイズはW840*D230*H120mm

材料はあくまで端材。なのでタダ。

実用性重視、コスト重視です。


今回はフレームにウッドデッキ用のレッドシダー(厚40mm、防腐処理済)と豪華キャストです(笑)。

踏み板はフローリング材(厚12mm)。


危険な部分や難しい所は僕がやりますが、基本的に

僕=設計する人、Tさん=つくる人

そう、自分でつくる所に意義があるんです。


最初僕の勘違いでレッドシダーを120mmでわいてしまって、後で108mmにわきなおし。

踏み板の12mmがありますからね。


所定の長さに切って、


下穴を開けてからビスで組立て。


踏み板は足が引っかからないように、フレーム外面合わせ。

フレームが少し歪んでいるので、踏み板にあわせて力づくで矯正(笑)。

フレームにはボンドと踏み板側から釘で取付け。


釘の頭はポンチで埋め込む(丁寧だねえ)。


カンナで面を取り、


紙やすりで磨く。



「磨きの深さは、愛情の深さ」


さあ、完成です。


ただの踏み台と思う事なかれ、Tさんの利用者さんを思う気持ちの詰まった踏み台なのです。


人の為に何かを作りたいと思っている人、いざ集わん!!!
(自分の為でも良いですよ)
  

Posted by katsu at 14:59Comments(1)  DIYコーナー

2012年03月30日

DIY!天井物干し

平林です。

最近天気が良くなったので、洗濯物が外に干せて助かります。

ついこの間までは外に干しても乾かないので室内に干してましたが、

床に近い所は寒いせいか、乾かないんですよね。

それで、室温の高い天井付近に干すことを考えました。

いわゆる「天井物干し」ってやつですね。


既製品は既に各メーカーから出ていて、うちのお客様にもご利用頂いています。

(写真はパナソニック製)


しかし、自宅に後付けするのも大変だし、値段も結構します。


それなら、と、やっぱりDIYです(笑)。


天井物干しの機能としては、物干し竿が上下すれば良いんです。

竿を2点支持で紐につなぎ、その紐を同時に引っ張れば水平に上下できます。

で、こんな感じに。

竿は伸縮ポールを使いましたので、最大2.5mまで伸びます。

毎度のことながら、「機能性重視」です。
自宅のことなので見栄えは一切考慮していません(笑)。


吊り金物は強度面と紐の角度変更に対応させる為、やや良い物を使いました。


2本の紐は壁側に下ろして、手動で上下させます。


主にバスタオル干しになってしまいましたが、抜群によく乾きますよ。


これで材料代約2,000円なり(そのうち半分が吊り金物代)。

いかがですか?

奥様の為に自作されてみては?

  

Posted by katsu at 08:30Comments(0)  DIYコーナー

2015年08月03日

夏休みの工作は「子らぼ」で

毎日暑いです!
暑さ対策は万全ですか?
暑さだけでなく、冷えや疲れにも要注意ですね・・・


さて、「子らぼ」の木工教室はおかげさまで定員に達したので参加者の受付はしておりませんが、工作教室以外の日でも工作できますよ。


「子らぼ」は、
・スタッフがいるときにご利用できます
・お子様だけの利用はできません
・材料は無料コーナーから選んでください
・道具の貸し出しもしています
(材料・道具の持ち込みOKです)
☆詳しくはお尋ねください^^


暑いのでタオルと飲み物は必須です~☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、「子らぼ」の木を『もーりえ』さんにプレゼントしましたよ。
カラフルでかわいい船ができていました^^
かわいい船の写真は☆コチラ☆
作っているとき・完成したとき・あそんでいるときのみんなの顔を想像するとこちらもうれしくなります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作るって楽しいですね!
工作は「子らぼ」でどうぞ♪



  

Posted by いわみ at 16:43Comments(0)  DIYコーナー